費用/予約

費用/予約

アクセス お問い合せ 診療時間
みのり先生の診療室 佐々木いわお院長ブログ「過ぎたるは及ばざるにしかずだよ、佐々木君」

当院は自由診療(自費治療)です

当院では「保険」がききません。

患者さんの心と体への優しさを追求した結果、自由診療の道を選択しました。

その理由をお伝えします。

保険診療は、厚生労働省が医療行為にかかる報酬を決めています。

肛門科は末端をあつかう分野として軽視されてきました。

そのせいか、肛門科の診療費や手術費は低く定められています。

そうすると薄利多売のいわゆる「3分診療」をしないと専門病院では経営が成り立たなくなってしまいます。

当院は創立以来百年の歴史があり、「肛門科なら私たちに任せてください」と胸を張っていえる医療をこれからも維持していきたいと思っています。

また、患者さん1人ひとりに対して十分な時間をかけてお話をうかがい、不安や疑問をすべて解消していただくための説明に力を入れています。

他の科も併設して保険診療で効率よく経営していく道もありますが、わたしたちは肛門科にこだわりつづけていきたいと思っています。

それが創立百年を超える大阪肛門科診療所(旧大阪肛門病院)の役割だと考えています。

治療の技術を生涯、磨きつづけて患者さん1人ひとりに、心から満足していただける医療をめざして取り組んでいます。

もう少し具体的に、保険診療と自由診療の違いついてご説明させていただきます。

自由診療=体と心への優しさを追求した選択

当院には、他院での治療がうまくいかず苦しんでおられる患者さんもお越しになります。

肛門科の治療方法には、さまざまなアプローチがあります。

その中には短期的視野からみればとても効率が良く、痛みが少ない『イメージ』のものもあります。

でも実際には、表には出てこない、色んな課題が見えてまいります。

私たちは、

  • 痛みが少なく楽な治療
  • 副作用の懸念が少ない職人芸的な伝統的技術
  • すべての選択肢の内容やメリット/デメリットの丁寧な説明
  • 患者さんのすべての疑問に答える姿勢
  • 快適な診察/入院環境の提供

これらを心がけて、つねに
『心身ともに優しさを求めた医療』をめざしています。

患者さん一人ひとりにあった治療の提案

私たちは、患者さんの気持ちを治療に反映させるべく日々努力しています。

治療の選択肢をすべてできるだけフェアに伝えて患者さんが選びやすいようにご説明しています。

一番大切にしているのは、いつも患者さんの気持ちです。

患者さんそれぞれの社会的な状況に配慮しながら一緒に道を模索していきたいと思っています。

自由診療の肛門科にこだわってきた私たちの技術

肛門の手術で痛みを少なく、きれいに治すには専門性の高い技術が必要です。

保険治療は、大学を卒業したての新人ドクターでも最低限の技術でできる治療内容となっています。

そのため治療費に占める技術料は、非常に低く評価されています。

保険治療は国民のだれでも、どこでも、同じ治療が受けられるという点では、すばらしいシステムです。

しかし、医師個人の技術レベル(熟達度)の差が保険診療システムに反映されていません。

つまり、研修医がやっても、熟練の肛門科医師がやっても、手術料金はおなじです。

私たちは肛門科の分野では第一級の先輩医師たちから直接現場で技術を学んでまいりました。

いまは私たち2人とも、日本大腸肛門病学会の専門医、そしてその肛門科の専門医を育成する指導医でもあります。

また、西洋医学一辺倒ではなく、

  • 漢方医学
  • 予防医学
  • 精神医学

など、統合医療の分野でも積極的に研鑽を積んで患者さんを『トータル面で治癒させていく』アプローチを日々模索しています。

痔=手術ではありません。

患者さんの境遇に応じたさまざまな治療方法があります。

それをじっくり話し合って患者さん当人が一番安心できる道をとことんまで模索します。

治療を無理強いすることはありません。

安心して受診してください。

一度きりの診察で「安心」をお持ち帰りいただく患者さんもおられます。

まずは、お目にかかって診察しないと何も道は模索できません。

私たちの医療のあり方に共感いただける方は受診をご検討ください。

当院では昭和56年から自由診療の道を選びました。

30年以上、自由診療一本で歩んできました。

これからもお越しいただく患者さん1人ひとりの立場に立った医療を求めていきたいと思っています。

診察費用

初診の方の診察費用 3万円前後(お薬が出た場合、別途加算)
再診の方の診察費用 1万円前後(お薬が出た場合、別途加算)

当院の診察費用は、患者さんの状況に応じた診察、治療、指導によって決められております。

目安としては、下記のような項目があります。

ですから、もし直腸癌が見つかって、外科紹介となる患者さんの場合、費用は最小限になります。

また、当院では多くの患者さんが、1〜2回の通院で治療が完結します。年に1回通院の患者様もたくさんおられます。

保険診療の肛門科にありがちな “何度も通っていただくスタイル” ではありませんので、毎回、高額な治療費が発生するわけではありません。その点は、どうかご安心ください。

手術費用

手術が必要な人は非常に少ないです。
当院の手術率は5%以下です。
手術と決めつけずにまずは診察を受けて下さい。

(病状により異なります。診察時にお尋ね下さい。)

手術代

入院費
追加費用は一切ありませんのでご安心ください。


医療費控除について

自由診療の費用も医療費控除の対象になります。

1年間の治療費(他医院での治療費も含む)が、10万円を超えた部分が医療費控除の対象になります。

税金の還付額は収入により異なります。

還付請求は確定申告のときに行ってください。

その際には領収書の添付が必要になります。大切に保管してください。

詳細に関しましては、管轄の税務署にお問い合わせください。

予約

当院が初めての方と、最終受診から1年以上の方のご予約は、お電話でのみ受け付けています。


お電話:06-6941-0919



診察にはご予約が必要です。『予約順番制』となっております。

ご予約をお取り頂いた時間に、必ず診察が受けられる予約システムではございませんので、どうかご了承ください。

当院では、一人ひとりの患者さんを丁寧に診察しております。

初診の患者さんは30分、再診の患者さんは10〜15分の時間を確保しておりますが、この時間内におさまりきれない場合も多く、その場合、待ち時間が発生してしまいます。

曜日と時間にもよるのですが、1時間以上の待ち時間が発生する場合もございます。

待ち時間の短縮のために設けた予約順番制であることをご理解頂いた上、受診していただくようお願いいたします。

お電話でお問い合わせをされる前に、以下の記事をご一読ください。

予約のキャンセルについて

予約をキャンセルされる場合は必ずご連絡願います。


完全予約制のため予約が一杯になった場合、診察希望の方をお断りしております。

特に、初めて来られる方には30分以上の時間を確保してお待ちしております。初診の枠は少ないため、他の患者さんからの診察希望をお断りしていることも結構多く、キャンセル待ちをしている患者さんもおられます。

これを無断でキャンセルされますと、他の患者さんに大変なご迷惑をかけることになります。

予約をキャンセルされる際には、できるだけ前日までに、それが無理でしたら当日の朝でも構いませんので、事前のご連絡を切にお願いします。


午前診
9:00〜11:30
佐々木いわお
佐々木みのり
休診 ※1 女性のための
診察時間
佐々木みのり
休診 佐々木いわお
佐々木みのり
佐々木いわお
佐々木みのり
午後診 女性のための
診察時間
佐々木みのり
13:30〜16:30
女性のための
診察時間
佐々木みのり
13:30〜16:30
× 女性のための
診察時間
佐々木みのり
13:30〜16:30
夜診
17:30〜19:30
× 佐々木いわお × ×
午前診 9:00〜11:30
佐々木いわお
佐々木みのり
休診 ※1
女性のための診察時間
佐々木みのり
休診
佐々木いわお
佐々木みのり
佐々木いわお
佐々木みのり
午後診
女性のための診察時間
佐々木みのり13:30〜16:30
休診 ※1
女性のための診察時間
佐々木みのり13:30〜16:30
休診
×
女性のための診察時間
佐々木みのり13:30〜16:30
夜診 17:30〜19:30
×
休診 ※1
佐々木いわお
休診
×
×


当院は、初診・再診とも、すべての時間帯で予約制です。

また、「女性のための診察時間」では、付き添いの方も含めて『男性』は、診療所への立ち入りをご遠慮いただいております。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。ただし緊急の場合は個別に対応させていただきます。ご相談ください。

※1──しばらくの間、火曜日を休診とさせて頂きます。

ページの先頭へ戻る